地域再生(ビル建替え・駅前再開発)フィールドワーク


日本地域産業総合研究所は2015年より近畿圏において地域再生のフィールドワークを実施しています。

エスノメソドロジー(文化人類学的手法)で、現場に入り込んで当事者的に地域再生に取り組むことで、地域再生手法を研究します。

具体的にはJR郊外駅の築40年を超える駅前ビルの商業施設区画を事務所として利用しながら、商店会や管理組合に参画しています。

ビル関係者や地元自治体などと連携してビルの建替えや駅前再開発に関わることで、地域再生手法について知見を蓄積し研究を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*