ubuntu12.04 LTS /etc/rc.localでPowerTOPの”powertop –auto-tune”を実行してログイン不能に


ubuntu12.04 LTSで以下のブログの記述に従って、/etc/rc.localでPowerTOPの”powertop –auto-tune”を実行したところ、ログインできなくなる事象が報告されています。

PowerTOPを使ってLinuxマシンを省電力化する
http://www.xmisao.com/2014/01/21/how-to-use-powertop.html

ゲストアカウントでログインしてもsudoコマンドを実行時に強制的にログアウトするため、/etc/rc.localの修正もできなくなります。

この場合のリカバリ方法は以下の通りです。
・シングルユーザーモードでログイン
・読み取り専用ファイルを書き込み可能に設定
・nanoで /etc/rc.localを修正
・再起動

シングルユーザモードでのログイン方法

・再起動時にShift押下でGRUBを立ち上げる
・GRUBで”e”を入力してgrub編集画面を立ち上げる
・起動画面の指定(”text”か”quiet splash”)が記載された行の最後に以下を追加
Linux single init=/bin/bash
・F10かCtrl+xで起動(プロンプト”#”が表示される)

/etc/rc.localの修正方法

・プロンプトで以下入力 mount -o rw,remount /
・プロンプトで以下入力 nano /etc/rc.local
・”powertop –auto-tune”を削除
・Ctrl+oでファイル名変更せずにEnter押下で保存

日本地域産業総合研究所でLinuxを本格導入します


日本地域産業総合研究所は、2014年4月のWindows XPサポート終了をうけて、機材は温存してOSリプレースすることにしました。昨年よりOSの選定を進めてきましたが、ubuntu12.04 LTSを暫定導入することにいたしました。

2014年4月上旬より業務に使用している機材にubuntu12.04 LTSを導入し、実運用を開始しました。一部古い機材についてもLinux Mintなどubuntu派生パッケージを導入して運用しています。

これにともない従来提供してきましたOSS紹介・導入・運用支援サービスにおいて、アプリケーションだけではなくOSについてもご提供できる体制になりました。