札幌出張|新規事業創出|地域産業支援


日本地域産業総合研究所では放送局公式通販サイトの商品調達を支援しています。

6月4日から8日まで札幌に出張しております。放送局公式通販サイトで販売する商品の調達が目的です。

毎年6月に北海道の外郭団体である社団法人北海道貿易物産振興会の北海道産品商談会が開催されます。食品を中心に道内の数百社のメーカーや卸が道外から参加するバイヤーに商品を売り込みます。

本年は札幌のホテル、ロイトン札幌を会場に6月5日に開催されます。日本地域産業総合研究所もこちらに参加いたします。

この結果については後日改めてご報告したいと思います。

地方物産展関連ECサイト|地域産業支援活動|WEBソリューション


日本地域産業総合研究所が地域産業支援活動の一環として行っているWEBソリューション事業の実績をご紹介します。
当研究所で通販サイト構築を支援しました。

制作実績

物産展関連通販サイト(物産展ダイレクトドットジェーピー)

ポイント

CMSにEC-CUBEを利用しました

日本国内のECパッケージのデファクトスタンダードともいえるEC-CUBEをベースに構築しました。導入の理由は以下の通りです。
・オープンソースかつフリーのソフトウェアを利用することで構築費用を低減できる
・オープンソースで利用実績が多いことから、セキュリティやカスタマイズについて情報が豊富である
・日本で開発されているので日本の商慣習になじみやすい

当研究所提携エンジニアにより機能カスタマイズを実施しました

地方物産展の商品お取り寄せサイトであるため、通常のECサイトにない特徴がありました。
・サプライヤーが全国に存在する
・各サプライヤーから直送するので、送料体系が各サプライヤーごとに設定されている
・各サプライヤーごとに複数の温度帯での送料体系が存在する

これらの特徴に対応するため以下のような機能を追加しました。
・各商品をサプライヤーに紐付けできる
・各サプライヤーごとに個別の送料マスタを設定できる
・各送料マスタは3つの温度帯ごとにテーブルを保持できる
・同じサプライヤーの商品は同梱可能商品として同梱発送できる
・発注はPDFで発注書を出力できる
・商品マスタで各商品ごとに商品原価を登録できる
・登録された商品原価や送料も含めた受注テーブルのCSV出力・支払集計の半自動化できる