日本地域産業総合研究所でLinuxを本格導入します


日本地域産業総合研究所は、2014年4月のWindows XPサポート終了をうけて、機材は温存してOSリプレースすることにしました。昨年よりOSの選定を進めてきましたが、ubuntu12.04 LTSを暫定導入することにいたしました。

2014年4月上旬より業務に使用している機材にubuntu12.04 LTSを導入し、実運用を開始しました。一部古い機材についてもLinux Mintなどubuntu派生パッケージを導入して運用しています。

これにともない従来提供してきましたOSS紹介・導入・運用支援サービスにおいて、アプリケーションだけではなくOSについてもご提供できる体制になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*